敏感肌の人が基礎化粧品を選ぶ際に注意したいポイントは?

敏感肌の場合どのような洗顔料を選べば良いのでしょうか?

敏感肌のスキンケアではまず洗顔料選びが重要になります。洗顔料で敏感肌を改善よりも前に誤った製品選びが敏感肌を悪化させていないかどうかを再確認する必要もあるからです。最初に肌に使用するスキンケア製品なので刺激も強く、肌への影響も大きいので自分の肌に合ったものを正しく選ぶことが大事です。

敏感肌の人の効果的な洗顔料選びは洗浄力が強すぎないものを

敏感肌洗顔料

まず選んではいけない洗顔料のポイント。やはり肌への刺激が強いものは絶対に避けるべきです。注意したいのは洗浄力が強い製品であればあるほど刺激が強いこと。つまり汚れを落とそうと意識すればするほど肌に不要な刺激を与えて敏感な状態を加速してしまっている可能性があるのです。

 

たとえばスクラブ入りの洗顔料。メイク落としのために使用している人も多いかもしれませんが、敏感肌の使用には適しません。それからオイルやアルコールが使用されているもの。とくに皮脂汚れをしっかりと落とすことを目的にしている洗顔料も適しません。

 

敏感肌の人は皮脂の分泌量が不足しているのも大きな要因ですから、乾燥を加速させてしまう恐れがあります。あと注意したいのがピーリング成分が配合された洗顔料。肌の表面を剥がすことで新しく健康な肌への再生を促すことができるピーリング洗顔料ですが、敏感肌には刺激が強すぎる傾向があります。最近ではマイルドなピーリング洗顔料も登場しているので必ずしもダメ、というわけではありません自分の肌の状態をよく踏まえたうえで判断しましょう(参照:タイプ別おすすめ洗顔料)。

敏感肌の人には天然由来成分の洗顔料が肌への刺激を軽減できる

敏感肌の洗顔料

意識して選びたいポイントとしては天然由来の成分を配合していること。植物由来の成分は肌への刺激が少なく、健康状態を改善しつつ洗っていくことができます。お茶やお米といった素材を使用した洗顔料もありますし、最近では漢方由来の成分を使用したものもあります。

 

この点は添加物の有無も考慮に入れたうえでできるだけ天然由来のものが使用された成分を選んでいくよう心がけましょう

 

アミノ酸系の洗浄成分を使用したものや、古い角質を分解してくれる酵素が配合されたものなど、肌に刺激を与えることなく敏感肌でも洗っていくことができる洗顔料が続々と登場しています。まずは低刺激を最優先に考えつつ、肌の健康状態の改善に役立つようなものを選んでいきたいところです。

私が選んだお試しから始められる人気の敏感肌基礎化粧品ベスト5

 

洗顔料

敏感肌の場合、どんなクレンジングを選べば良いのでしょうか?

そもそも敏感肌の人はクレンジングは避けた方がいいとも言われています。どうしても肌へ刺激を与えてしまうため、敏感肌の人にはダメージが大きすぎるからです。ただメイクを落とすためにはクレンジングは欠かせませんし、やらないでメイク汚れを毛穴に残してしまうわけにもいきません。そのため肌への刺激を考慮しながらクレンジング剤を慎重に選んでいく必要があります。

敏感肌の人のクレンジング選びではまずオイルタイプは避ける

敏感肌のクレンジング

敏感肌のクレンジング選びの最大のポイントは種類です。クレンジング剤の種類では洗浄力に優れたオイルクレンジングがもっとも普及しています。しかしこれはメイク汚れをしっかり落とすことができる一方、洗浄力も刺激も強いほか、オイルを肌に残さないためにダブル洗顔を行う必要もあります

 

最近では低刺激のオイルクレンジングも増えていますが、敏感肌の人は基本的には避けたほうがよいでしょう。

 

一方低刺激で使用できるのがクリームタイプとジェルタイプ。クリームタイプは低刺激なだけでなく、乾燥対策にも役立つのがポイント。乾燥が進行して敏感な状態になってしまっている人にはピッタリの選択肢といえるでしょう。

 

ただし、一方では洗浄力にやや劣る面があります。この点に関してはメーカーによっても異なるため、よくチェックしてから選ぶようにしましょう。

敏感肌の進行がひどい場合にはミルクタイプのクレンジングがおすすめ

敏感肌のクレンジング

それからジェルタイプはオイルをジェル状にして作られたもの。オイルクレンジングに比べると低刺激、しかもスムーズに塗布できるので摩擦による刺激を最小限に留めることができる点も魅力です。より刺激が少ない水溶性のタイプもあるため、できるだけ低刺激のものを選べば適度な洗浄力で効果的に日々のクレンジングを行っていくことができるでしょう。

 

敏感がかなりひどい場合にはミルクタイプがオススメです。もっとも刺激が少ないタイプなうえ、乾燥対策にも効果的です。ただクリームタイプに比べても洗浄力が劣ること、メイクになじませるのに時間がかかるといったマイナス点もあります。

 

アイメイクなどは別にリムーバーの使用も必要となります。こうしたクレンジング選びはメイクの方法とのバランスも考慮しながら選んでいくことになりそうです。

敏感肌の場合どのような化粧水を選べば良いのでしょうか?

敏感肌対策では化粧水選びがまず重要です。洗顔後のとくに敏感な状態に直接塗布するスキンケア製品ということもありますし、その後の美容液や乳液、さらにメイクまでのスキンケアの土台にもなるからです。肌に余計な負担をかけず、しかも敏感肌をケアできるものが求められます。

敏感肌の化粧水選びの基本は無添加の化粧水を選ぶこと

敏感肌化粧水

敏感肌の化粧水選びの基本となるのはまず「敏感肌用」のものを選ぶこと。当たり前のように思えますが、敏感肌用にもさまざまな種類があります。メーカーによっては「超敏感肌用」なども売られているため、自分の肌質に合ったものを選びましょう。注意したいのは敏感肌用でも必ずしも安全とは限らないこと

 

肌質によってはアレルギー反応が表れることもありますし、体調や肌の調子によって刺激が強くなるケースもあります。使っていて少しでも刺激を感じたらいったん止めて様子を見るようにしましょう。

 

それから無添加のものをなるべく選ぶこと。着色料やパラベン、香料といったものがなるべく使われていないものを選びましょう。冒頭でも触れたように化粧水は洗顔後に最初に使用するものだけにとくにこの点が重要になります(参照:敏感肌で選びたい化粧水)。

敏感肌の人は抗酸化成分が入った化粧水もおすすめ

敏感肌の化粧水

化粧水には大きく分けて保湿効果と収れん効果の2種類があります。敏感肌の場合は肌が乾燥気味ですから、保湿効果のものを選ぶのが基本です。セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンといった肌の潤いをもたらしてくれる成分を配合した成分を意識して使用しましょう。また、アミノ酸も乾燥対策に役立つので覚えておきたい成分です。

 

敏感肌は外からの刺激に弱いのも特徴。それを防ぐための重要な対策となるのが抗酸化成分。とくに紫外線による活性酸素の発生を抑制するためにもビタミンCやビタミンEといった抗酸化成分が求められます。敏感肌の人はシミやソバカスができやすいだけに化粧水の段階で抗酸化対策を行うよう心がけたいところです。

 

基本的は低刺激で保湿効果があるものが候補となります。そのうえで美容液や乳液・クリームとのバランスも考慮しながら敏感肌を改善してくれるような製品を選んでいきましょう。

敏感肌の場合どのような美容液を選べば良いのでしょうか?

美容液は化粧水の効果を高めるために重要な役割を果たすスキンケア製品です。敏感肌の場合はとくに肌にフタをして化粧水の成分を逃げないようにするために欠かせない存在です。では敏感肌に悩まれている人はどういった基準で美容液を選んでいけばよいのでしょうか。

敏感肌の人の美容液選びでは保湿成分の効果を優先する

敏感肌美容液

まずやはり保湿成分が含まれていること。保湿化粧水に加えて美容液でも保湿成分を補うことで敏感な肌を改善していくことができます。敏感肌のおもな原因は乾燥とバリア機能の低下。とくに30代後半以降は肌に含まれる保湿成分の減少によって敏感な状態が加速していきます。美容液でも不足した保湿成分をしっかりカバーできるよう心がけましょう。

 

また、美容液の中には有効成分の浸透力や効果を高める技術・処方が施された製品があります。加水分解コラーゲンやナノ化されたヒアルロン酸、高濃度セラミド、さらには極小のカプセルを使用するなど。単に保湿成分の有無だけをチェックするのではなく、どのような工夫が凝らされているかも見ておきたいところです(参照:敏感肌に選びたい美容液)。

敏感肌の美容液選びではフラーレンやEGF入りもおすすめ

敏感肌の美容液

それから肌細胞を活性化する効果があるかどうか。肌の老化を防ぐ抗酸化作用だけでなく、肌の働きを活性化させる成分もうまく取り入れたいところです。フラーレンやEGFといった肌を若返られる働きを持つといわれる成分を配合した美容液も増えています。

 

敏感肌はターンオーバーの乱れの原因となることも多いためこうした効果も重要となります。また、アミノ酸やビタミンB群など肌の健康状態を維持するための成分も大事です。もとの栄養が不足しているために乾燥や敏感肌が進行してしまっているケースもあるからです。

 

最後に、敏感な状態がとくに目立つ部分に集中的に使用する専用美容液も選び方のひとつとしてあげておきましょう。目元を中心に乾燥しやすい部分に他の部分とは別に専用の美容液を使用するのです。

 

こうした気になる部位ごとにケアをしていけば敏感肌を効果的に改善していくこともできるでしょう。肌の状態やコストなどを考慮したうえでこうした方法も検討してみてはいかがでしょうか。

敏感肌の場合、どのようなオールインワン化粧品を選べば良い?

オールインワン化粧品は敏感肌のケアに適しているといわれています。化粧水、美容液、乳液など、洗顔後のケアを1本で済ませることができるため、ひとつひとつケアをしていくのに比べて肌を摩擦する回数を減らすことができるからです。敏感肌のケアでもっとも注意しなければならないのが肌への刺激。摩擦による刺激は見過ごされがちなポイントですが、敏感な状態になっている肌に大きな負担となるのです。

敏感肌の人には保湿効果の優れたオールインワンがおすすめ

敏感肌オールンインワン化粧品

では敏感肌の人がオールインワン化粧品を使用する場合にはどういった点に注意して製品選びを行っていけばよいのでしょうか。まず摩擦による刺激を減らす点ではできるだけ多くの役割を果たしてくれる製品を選ぶという方法があります。

 

化粧下地やクリームなど、製品によっては1本で6役、7役を果たしてくれるものもあります。肌荒れや炎症が起きている人はこうした点も重視して製品をチェックしてみましょう(参照:敏感肌で使ってみたいオールインワン化粧品)。

 

選び方において一番の基本となるのが保湿効果。やはり敏感肌のケアは乾燥対策が一番重要なポイントとなります。1本で一通りのスキンケアを行えるのは大きなメリットではありますが、それ影響でケアが不足してしまうようではいけません。

敏感肌の人の効果的なオールインワン選びでは抗炎症作用入りのものを選ぶこと

敏感肌のオールインワン

保湿化粧水、美容液、クリームをそれぞれ使用するのと同等の効果をオールインワン化粧品に求める必要があります。セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分はもちろんのこと、コラーゲンの生成を促すビタミンC誘導体など幅広い成分を配合した製品を選ぶよう心がけましょう

 

それから肌荒れ対策に効果がある製品を選ぶこと。乾燥対策とも関わってきますが、すでに肌荒れや炎症を起こしてしまっている場合にはそれを改善する効果もオールインワン化粧品が担う必要が出てきます。

 

抗炎症効果のグリチルリチン酸ジカリウム、殺菌成分のサリチル酸といった代表的な成分はもちろん、ハトムギエキスや甘草エキスなど、植物由来の肌に優しい成分が含まれているかどうかも見ておきましょう。

 

乾燥の状態によってはオールインワン化粧品にプラスして専用美容液でケアする必要も出てくるかもしれません。その点も考慮しつつ低刺激でできるだけ満遍なく敏感肌が抱えている問題をケアできる製品を選ぶことが選び方の基本的なポイントとなります。

私が選んだお試しから始められる人気の敏感肌基礎化粧品ベスト5

敏感肌で使ってみたいトライアルセット

decencia(ディセンシア) アヤナス 10日間トライアルセット

全面リニューアル!敏感肌でも積極的にエイジングしたい方におすすめのコスメ
10日間トライアルセット通常価格2,700円・税込→初回限定価格1,480円・税込
(アヤナスローションコンセントレート20ml・アヤナスエッセンスコンセントレート10g・アヤナスクリームコンセントレート9g・アヤナスアイクリームコンセントレート1回分)
>>公式HPで詳しく見てみる!

ミューノアージュ(MUNOAGE)  10日間トライアルセット

皮膚科医師が開発した肌の再生力を高めるドクターズコスメ
1,620円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

リペアジェル 2週間お試しセット

1滴の水も使用しない100%美容成分だけで出来た低刺激オールインワン美容液
1,900円・税別(今ならリペアウォーター3,000円相当付!)通販限定
>>公式HPで詳しく見てみる!